« 世界一ありふれた答え | Main | 逃げるは恥か、それとも勝ちか? »

Dec 07, 2016

岡田准一さんのこと

12月7日(水)はれ


先週の月曜に
JーWAVEの「Growing Reed」に呼んでいただいた
岡田准一さんの番組だ

新作の「世界一ありふれた答え」に登場する
ピアニストのトキオのビジュアルイメージを
私が勝手に岡田准一さんに決めていて
それは大好きな岡田さんが
ピアノを弾くところを何度かテレビで見ていたせいである

番組の中でもおっしゃっていらしたけれど
岡田さんのお姉さまはピアニストで
お母さまはピアノの先生だという

お姉ちゃんがピアニストというのは私も同じで
この小説を書くにあたっては
いろいろアドバイスをもらった
お話の核になるドビュッシーの「アラベスクⅠ」も必死で練習し
姉にレッスンをしてもらったりした

私は岡田准一という俳優の大ファンである
最初はからだの動きがきれいだなと思って見ていたのだけれど
是枝裕和監督作品「花よりもなほ」で惚れ込んでしまった
顔がたまらなかった
いい年のとり方をしているなと思ったのだ
「天地明察」も大好き

いまや国民的大スターになってしまった岡田さんと
ある人のおかげで
実際に会えることになって
ほんとにうれしかった
岡田さんはもうほんとに素敵で
話していて頭がいいんだなあと思ったし
ものすごくやさしく接してくださって
まさに「神」でした!

あの番組を聞いて
「世界一ありふれた答え」という小説に興味を持ってくださった方
ぜひ読んでくださいませ

アマゾンで品切れ状態が続いていますが
ほかのサイトでも買えます
詳しくは河出書房のサイトをご覧ください
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025094/

|

« 世界一ありふれた答え | Main | 逃げるは恥か、それとも勝ちか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 世界一ありふれた答え | Main | 逃げるは恥か、それとも勝ちか? »