« 2013 謹賀新年! | Main | 火だるま事件! »

Jan 09, 2013

歯医者さんに行った~

1月9日(水)はれかなくもり?


お正月早々歯が痛くなり
顔が腫れてしまった
歯医者さんが6日まで休みだったので
冷えピタとバッファリンで痛みをおさえ
こたつでうなりながらゴロゴロして
アイスを食べたりお菓子をアイスコーヒーで流し込んだりしていたら

太った。。。

痛い思いをして笑える結果になるのは
人生の常である

これでこの一ヶ月で6キロ太ったことになる
顔の腫れが若干ひいてきたのだが
今日、殿にまじめな顔で
「ちょっと太ったのか?」と聞かれてしまった
ちょっとじゃなくて
かなりです
(p´□`q)゜o。。

そもそも香港から戻ってきてからの私は
本気のひきこもりで
たぶん一日1000歩も歩いていないんじゃないかという日が続き
運動らしい運動どころか
歩く歩数さえ数えられるほどって感じ

うーん、まじでダイエットしないと
膨れたお腹が苦しくて座っていられない
手始めに、ヤーマンのレッグマジックを注文した
加圧エクサパンツも買うべきかな
あれ、効くのかな


歯医者に行った
麻酔なしでガリガリやられて痛かった

でもこれで治るんだと思ったら我慢できた
しばらく通います


引きこもっているから本は読んでいる
現代日本の小説なんてこの十二年ろくに読んでいなかったから
浦島太郎状態で
いっぱい買ってどんどん読んでいる
いろんな作家の過去の作品
ときどきテッド・チャンを読み返して
そのたびに感動する

小説以外の本で
編集のIさんに勧められて
『ポストモラトリアム時代の若者たち 社会的排除を超えて』
村澤和多里、山尾貴則、村澤真保呂著
を読んだ

かつて話題となったモラトリアムという青年期の状態に
今一度光を当て
大人になるまでの前向きな猶予期間が
現代社会ではもはや失われてしまっているとこの本は言う
若者たちはかつてある意味幸せだったモラトリアムを許されず
市場経済に支配される効率主義の社会に適応することだけを望まれており
ひたすら資格をとり人生に保険をかけようと努力する
過剰に適応した結果ひきこもりになった若者たちの姿も具体的に描かれいて
とても読むのがつらい本だった
この本は、明るい未来が待っていないのだとしたら
その現代社会に適応することになんの意味があるのだろうと問い直している
本気で考えさせられる問いだった


ま、それはそれとして
セールに行きたい
まじで


|

« 2013 謹賀新年! | Main | 火だるま事件! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2013 謹賀新年! | Main | 火だるま事件! »